ジスロマック〜クラミジア治療薬に関して

ジスロマック〜クラミジアの抗生物質について

ジスロマック(Zithromax)クラミジアなどの多種の感染症に有効な医薬品です。新しいタイプのマクロライド系の抗生物質です。

マクロライド系の抗菌薬、アジスロマイシン→商品名ジスロマック(ファイザー株式会社)は、クラミジア治療で1回飲むだけでよいという非常に画期的な薬と言えます。
日本国内では2004年5月に保険治療での使用が厚生労働省から承認されています。

>>> ジスロマック(Zithromax) 〜1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬 細粒200mg/5ml


欧米ではすでにクラミジア特効薬として5年以上前から使用されているアジスロマイシン(商品名ジスロマック)というマクロライド系の抗菌薬は優れた特性を持っています。

マクロライド系の抗菌薬、アジスロマイシン(商品名ジスロマック)は、感染がおきている所(組織内)の濃度が長く、7日間持続します。

従来の薬であれば7日間にわたって 1日 2〜3回飲む必要があり、合計すると14回から21回も服用しなくてはなりませんでした。
これが、アジスロマイシン(商品名ジスロマック)は、わずか1回のむだけでクラミジア感染が治ってしまうという画期的なものです。

何回も服用するということは、飲み忘れたり、仕事の途中などで飲めないこともあったりして、なかなか正しい間隔で正確な服薬が困難な場合があります。

しかしジスロマックだと、検査でクラミジアの感染が明らかになった時点で、1回薬をのむだけですみますから、大変便利で楽になるわけです。

このように1回のめば治る薬もありますので、検査で感染が確認されれば、症状が無くてもなるべく早く有効な薬をのんで治療すことが、不妊症などにつながる慢性感染をおこさないためには必要です。

ただ注意するのは、クラミジア感染が発見されてすぐに薬を1回服用すれば、その場でただちに病気が治ってしまうということではないのです。

飲むのは1回だけで良いのですが、病気を早く治すためには7日程度はかかります。

すなわち薬をのんでも7日間は完治していないので、7日間過ぎるまではセックスパートナーに感染する恐れがあるということになります。




【クラミジアの治療薬】
クラミジア治療薬は通常は医療機関に行って、専門医に診断してもらってから入手すべきものですが、そうも言ってられないケースもあるでしょう。

そんな場合はインターネットで購入可能なクラミジアの治療薬を紹介します。

【ジスロマック(Zithromax) 】
新タイプのマクロライド系の抗生物質。クラミジアなど多種の感染症に有効な医薬品です。
クラミジアの治療にも使われています。


【ジスロマックの使い方】
検査でクラミジアに感染していることが判明した場合、性器クラミジアの治療では通常ジスロマック250mgを1回で4錠、1000mgを一気に服用するという治療法はでよく行われます。

ジスロマックは特殊な加工のされた抗生物質ですので、上記方法によりジスロマックの薬効成分は体内に長く滞留しながら徐々に溶け出すことで有効成分を一定量身体に維持する状態にして、1回の服用で1週間程度効果が持続します。説明書きの方は一般的な使い方となっていますので注意が必要です。

【クラミジア完治の確認】
完治したかどうかは再検査をしてみて消滅しているか確認することが必要です。

通常はジスロマック1回の服用で完治しますが、クラミジアがすでにジスロマックに耐性を持っていたりする場合は、再検査でも消滅しきっていないケースもあります。

そうなると治療は継続することなります。
きちんとジスロマックの効果が出た場合は1回の服用でしっかりと除菌されます。


>>> ジスロマック(Zithromax) 〜1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬 細粒200mg/5ml


「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名を検索できます。
局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)

◆症状から病名を探す
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す