クラミジア症状

クラミジア〜女性の症状

◆クラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)〜1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬



女性の場合最初に子宮頚管部粘膜(膣の奥、子宮の入り口)に感染します。感染の性交渉後1-4週間で,膣の分泌物,頻尿,排尿時や性交時の痛み,骨盤痛が起きることがありますが,症状が気づかないケースがかなり多いです。

女性のクラミジア感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。
18歳から19歳の女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。

女性へのクラミジア感染の場合、性行為などにより男性の精液等とともに膣に排出され、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1〜3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人はクラミジアの症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いと言われています。

特に女性の場合クラミジアが恐ろしいのは、症状に気がつかずに放置していると不妊症の原因である卵管狭窄症、卵管閉塞症を発症し、卵管周囲癒着なども起こしやすく、将来取り返しがつかない事態にまでなり、大変後悔することも少なからずあるということです。

妊娠中にかかると胎児にクラミジア感染をおこすこともあります。



自覚症状がなくても少なくとも1年に1回クラミジアの検査をお勧めします。

【膣炎症状】
クラミジア感染により、膣内の抵抗力が下がって他の菌に感染しやすくなり膣炎の症状が起こります。膣炎の症状は性器のかゆみやにおいがきつくなる、膣の分泌物(おりもの)の汚れなどです。膣粘膜に炎症が起こっていますから、性行為で痛む(性交痛)という症状も初期にはよくあります。

【子宮頸管炎症状】
おりものと不正性器出血が症状としてあらわれます。しかし、この段階では下腹部などで痛みを感じることは少なく、自覚症状を伴わないことが多いです。白色の水っぽい膿がおりものとして出てきます。

【子宮内膜炎症状】
主な症状は下腹部の痛み、生理痛 、不正出血で流産の原因にもなります。

【子宮付属器炎症状】
クラミジアに感染して比較的早い時期に症状のでることが多い。
下腹部に軽い痛みがあり子宮頸管炎の症状を伴うことが多いです。

【骨盤腹膜炎症状】
下腹部の痛み、性交時に痛みを強く感じるようになります。

【肝周囲炎症状】
上腹部に激しい痛みを感じるようになります。

女性のクラミジア感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。18歳から19歳の女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。少しでもクラミジアが疑われる場合は早目に検査して、感染の有無を確認しましょう。将来、不妊症などで大変悔やむこともありえます。


◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。
局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)

女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか?? しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?
さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!




◆クラミジア治療薬
>>> ジスロマック〜1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬

クラミジア〜男性の症状

◆クラミジア治療薬
>>> ジスロマック(Zithromax)〜1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬



男性では,クラミジア感染の性交渉後1-2週間で,尿道炎の症状が起きることがあります。尿道が赤くなり,分泌物が下着に付着していることがあります。分泌物は透明から乳白色、サラサラで粘り気はあまりないです。

朝の起床直後,尿道の壁が乾燥した分泌物で密着して接着したような症状となることがあり,排尿時の痛みを感じやすいです。睾丸が腫れ,痛む場合もあります。

【尿道炎症状】
クラミジアの増殖サイクルが48〜72時間と長いため、潜伏期間が長く症状がでるまでに1〜2週間かかる事が多いです。

症状は排尿時に軽い痛みと水っぽい膿が尿道から出る。放置すると前立腺炎、精管炎などの症状を引き起こすこともあります。

【前立腺炎症状】
さらに放置すると、クラミジアが尿道の奥へと侵入し前立腺に到達します。前立腺は精子に栄養を与えて成熟させます。菌が前立腺に入ってしまうとなかなか治しづらくなります。

前立腺炎の症状の場合クラミジアの自覚症状がほとんどありません。前立腺炎の症状は場所が一定しなかったり、症状が変化したりして症状はいろいろです。その中でも多い症状が会陰部(肛門と陰のうの間)、下腹部(恥骨付近)、ソケイ部、内ももなどの鈍い痛み等です。

【副睾丸炎症状】
前立腺炎をさらに放置すると睾丸の近くまでクラミジア菌が侵入します。睾丸の周りには副睾丸(精巣上体)があり、副睾丸がフィルターのような機能を果たしてくれるので、クラミジア菌はここで副睾丸炎(精巣上体炎)が起こします。




通常副睾丸炎の症状は副睾丸が腫れ上がり、場合によっては睾丸より大きく腫れることもあります。たいていの症状は睾丸からソケイ部にかけて激痛や高熱が起こります。副睾丸炎が両方の睾丸に起こった場合、不妊症になってしまう可能性が高くなります。

ちなみに男性のクラミジア感染者では、3人に1人は、自覚症状がありません。少しでも症状が疑われる場合は早目に検査して、クラミジア感染の有無を確認しましょう。将来、大変に悔やむこともありえます。

また症状はしばらくするとでなくなりますので、知らないうちにパートナーに感染してしまいます。 パートナーの多い方は、自覚症状がなくても1年に1回のクラミジア検査をお勧めします。
もしかして性病?心配なまま放っていませんか?

◆症状から病名を探す
「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名をお知らせします。
局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)

女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す

自分だけは「絶対大丈夫!」なんて思っていませんか?? しかし思わぬところで感染しているかもしれませんよ?
さあ、「症状から病名をチェック」で確認を!!




◆クラミジア治療薬
>>> ジスロマック〜1回服用するだけですむ画期的なクラミジア治療薬