淋菌の咽頭検査は菌を取り逃してしまうことがあるというので心配です

淋菌の咽頭検査は菌を取り逃してしまうことがあるというのは本当ですか?

淋菌の咽頭検査は菌を取り逃してしまうことがあるという情報をネットで見ました。

不安になり綿棒での検査(SDA法)2回 (検査キットとクリニックでの検査一回ずつ)
うがい液の検査(SDA法)1回
クリニックでの塗抹検査 1回

すべて陰性でした。
さすがに安心しても良いでしょうか?

ちなみに不安行為はDキスのみです 。(F110917)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

咽頭の淋菌感染に対して培養検査やPCR法などでは、口腔内の常在菌であるナイセリア属などを検出してしまい、感染していない人でも誤って淋菌としてみなしてしまうケースもあるようです。

その場合はナイセリア属との鑑別が可能なSDA法で行う必要があります。

>すべて陰性でした。
>さすがに安心しても良いでしょうか?
>

4回も検査してあれば問題ないでしょう。

女性の症状から性病病名を検索


「これって何の症状?」 あなたの気になる症状について、感染の疑われる病名を検索できます。
局部・全身それぞれの該当する症状にチェックを入れて、検索ボタンを押して下さい。(複数選択可能)

◆症状から病名を探す
女性の症状から病名を探す
男性の症状から病名を探す


→性病Q&Aに戻る