敬老の日の由来やおすすめギフト、プレゼントの人気ランキングを紹介します。

敬老の日に何をすればいいの?

敬老の日にはいったい何をすれば喜ばれるでしょうか。
そもそも、老人といえるのはどのような人なのでしょう?

国連の世界保健機構(WHO)の高齢者の定義は65歳以上となっています。

65~74歳を前期高齢者、75~84歳を後期高齢者、85歳以上を末期高齢者と分けられます。
日本の行政制度では、老齢基礎年金は原則65歳から支給され、介護保険制度の第1号
被保険者は65歳以上、税制上の老人扶養親族は70歳以上、
後期高齢者医療制度は75歳以上となっています。

身近な例では、映画のシニア割引が60歳以上、東京都のバスや地下鉄に適用される
シルバーパスは70歳以上が対象となります。
JR各社では50歳ぐらいから各種割引がありますが、これは高齢者用とはいえませんね。。

老人の定義は人によって様々です。年齢的には高齢でも心身共に若々しく老人と呼ぶのは
ちょっと抵抗がある方もいます。
そのような人でも、孫など小さい子供からみれば「老人」に映るかもしれません。

敬老の日と難しく考えず、大切なのはいたわりや感謝の気持ちを表すことだと思います。
たとえば食事会を開く、贈り物をする、家事を手伝う、住環境をバリアフリーに整えるなど
その方法はたくさんあります。

地域で敬老にちなんだ行事が催されることも多く、敬老の日を通じて高齢者のことを考える
ひとつのきっかけにもなるでしょう。
日ごろご無沙汰している祖父母に喜んでもらえるとよいですね。

【人気ギフトカテゴリ】
>>> ◆スイーツ&フラワー icon

>>> ◆花束・フラワー・プリザーブドアレンジメント icon

>>> ◆老舗のグルメicon

>>> ◆和菓子・スイーツicon

>>> ◆ヘルシーグルメicon

タグ :

関連記事

  1. 長寿祝いの礼儀とマナー
  2. 敬老の日とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 敬老の日に何をすればいいの?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://gotom.jpn.org/mtos/mt-tb.cgi/49


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0