のど(咽頭)クラミジアの症状

クラミジアも淋菌もオーラルセックスにより咽頭(のど)に感染し、その数も増加しています。

性器にクラミジアが感染している女性の10〜20%、性器に淋菌が感染している女性の30%が咽頭にも感染しているとの報告もあります

女性が男性に対してフェラチオした場合、
(1)男性の性器から女性の咽頭に感染
(2)女性の咽頭から男性の性器に感染

する可能性があり、咽頭炎や慢性の扁桃腺炎になることもあります。

【主な症状】
のどの腫れ、のどの痛み、発熱など

ただしクラミジア感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。
また、性器クラミジアに感染している女性の10〜20%は咽頭からもクラミジアが
検出されたとの報告もあります。

咽喉の性病感染は性器感染に比べ、治療に時間がかかるといわれています。
この理由につぃては性器や膣と違って口の中にはもともと細菌が多く存在します。
それ故口の中の細菌と咽喉の性病を発症させた菌とが遺伝子交換を行い、
さらに抗体を作りだすことで、より強い菌が発現しやいやすいためと考えられています。

これが、咽喉の性病が性器感染の性病より治りにくい原因と言われています。
クラミジアや淋病の咽喉感染を放置していると、耐性菌の出現で抗生物質が効かなくなり
治りにくくなる恐れもありますので注意が必要です。
咽喉感染が疑わしいときは早目の検査をおすすめします。

>> のど専用STD Checker TypeN(男女共通・1人用)

関連記事

  1. クラミジアの症状(男性)
  2. クラミジアの感染経路
  3. クラミジアの症状(女性)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: のど(咽頭)クラミジアの症状

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://gotom.jpn.org/mtos/mt-tb.cgi/55

フィード