クラミジアの症状(女性)

女性の場合は,感染の性交渉後1-4週間で,膣の分泌物,頻尿,排尿時や性交時の痛み,骨盤痛が起きることがありますが,症状が気づかないケースがかなり多いです。

女性の感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。

18歳から19歳の女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。

女性は子宮頸管炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎などを発症します。

特に女性の場合、不卵管炎を起こして不妊の原因である卵管狭窄症、卵管閉塞症を発症し、卵管周囲癒着なども起こしやすくなります。

妊娠中にかかると胎児に感染をおこすこともあります。

自覚症状がなくても1年に1回の検査をお勧めします。

クラミジア検査(女性用)


1)子宮頸管炎

おりものと不正性器出血が症状としてあらわれる。しかし、この段階では下腹部などで痛みを感じることは少なく、自覚症状を伴わないことが多い。

白色の水っぽい膿がおりものとして出てきます。


2)子宮付属器炎

クラミジアに感染して比較的早い時期に発症することが多い。
下腹部に軽い痛みがあり子宮頸管炎の症状を伴うことが多い。


3)骨盤腹膜炎

下腹部の痛み、性交時に痛みを強く感じるようになる。


4)肝周囲炎

上腹部に激しい痛みを感じるようになる。

クラミジア検査(女性用)

関連記事

  1. クラミジアの症状(男性)
  2. クラミジアの感染経路
  3. のど(咽頭)クラミジアの症状

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クラミジアの症状(女性)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://gotom.jpn.org/mtos/mt-tb.cgi/54

フィード