クラミジアの症状(男性)

男性では,感染の性交渉後1-4週間で,尿道炎の症状が起きることがあります。
尿道が赤くなり,分泌物が下着に付着していることがあります。

朝の起床直後は,尿道の壁が乾燥した分泌物で密着して接着したような状態となることがあり,排尿時の痛みを感じやすいです。睾丸が腫れ,痛む場合もあります。

ちなみに男性の感染者では、3人に1人は、自覚症状がありません。

症状は、しばらくするとなくなりますので、しらずしらずのうちにパートナーに感染してしまいます。

パートナーの多い方は、自覚症状がなくても1年に1回の検査がお勧めします。

ラミジア検査(男性用)


◆尿道炎
クラミジアの増殖サイクルが48~72時間と長いため、潜伏期間が長く発症するまでに1~2
週間かかる事が多いです。

発症すると排尿時に軽い痛みと水っぽい膿が尿道から出る。放置すると前立腺炎、精管炎
などを引き起こすこともあります。

関連記事

  1. クラミジアの感染経路
  2. のど(咽頭)クラミジアの症状
  3. クラミジアの症状(女性)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クラミジアの症状(男性)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://gotom.jpn.org/mtos/mt-tb.cgi/53

フィード