クラミジアの抗原検出法(PCR法)

クラミジアの抗原検出法にはPCR法が主流です。
PCR法は感度が高く検体の中にクラミジアの細胞が1個あれば検出が可能といわれます。

この方法は遺伝子の一部をコピーすることで感度を高めていますがそれがうまく作れない場合には感度が落ちます。コピーを作るときの技術が難しいとされ、クラミジアに似た遺伝子
配列の混入物によって誤った判断をする危険性もあります。

そのほかに尿道、直腸、鼻咽頭粘膜などの細胞もクラミジア菌の検出のために利用可能ですが、腹腔内の細胞は簡単には採取できません。この方法の欠点は体表面に近い部位の細胞しか採取出来ないということです。

また、腹腔内の直接感染を診断するためには血液中の抗体検査をすることになります。

他の検査方法に比べると非常に感度がいいので、郵送検査や臨床的に通用する検査法としてはPCR法と、IDEIA法くらいでしょう。

最近では検査法も改良が進み感度が非常に向上していますが、PCR法と同等もしくはそれ以上の検査方法はまだないようです。

実際の検査方法(PCR法)】
1)女性の場合
初感染部位である子宮頸管の頸管上皮細胞が検体になります。
(膣分泌液を採取、検査します)

2)男性の場合
 子宮頸管のかわりに尿道(検尿)の検査をします。

【検査結果の見方】
この検査でクラミジア菌自体がその部位に存在するか否かを知ることができます。
すなわち、現在感染しているかどうかがわかります。陽性であれば治療が必要です。

関連記事

  1. クラミジアの血中抗体検査とは

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クラミジアの抗原検出法(PCR法)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://gotom.jpn.org/mtos/mt-tb.cgi/57

フィード